2008/06/28(土)Kubuntu 8.0.4

仮想マシン上に入れてみた。

080628.jpg

KDE4を入れたらひどい目に遭ったので、KDE3.5のままですw
とりあえず一通りの事が出来る状態にしてみましたけど、さすがに仮想マシン上でリアルタイム処理を行わせるのは微妙……。
Xがネイティブに動作するPCが欲しくなってきたw

メモ

VMware Toolsのインストール

VMware ToolsはVMware Server付属のものでは正しくインストール出来きませんでした。が、UbuntuではVMware Toolsがパッケージとして用意されているのでそれを利用します。

$ sudo apt-get install open-vm-tools open-vm-tools-gui

sambaクライアント

mount.cifsが必要なのでインストール*1

$ sudo apt-get install smbfs

samba共有ディレクトリをマウント

$ sudo mount -t cifs //サーバ名またはIP/共有フォルダ名 /mnt/hoge -o username=共有にアクセス可能なユーザ名, iocharset="utf8"

Flash Player

Firefox等のブラウザのためのFlashプラグインはgnashとAdobe Flush Player Pluginの2つが用意されていますが、gnashでは某動画投稿サイトが利用出来ませんのでAdobe版を利用する必要がある。

$ sudo apt-get install flushplugin-nonfree

*1 : Konqurerではmount.cifsが無くてもsmb:~でアクセス可能

[Debian/Ubuntu] シェルスクリプトで配列

2008/06/22 PC::Linux/BSD

Ubuntu Server 8.0.4にiptablesを設定すべくガリガリとシェルスクリプトを書いていたのですが、配列の宣言部分でエラーが発生してしまい、ハマりました。
内容としてはDebianで設定しているスクリプトと同じなのですが、Ubuntuでは配列を利用する場合明示的にbashを指定しなければならないらしい。

以下、DebianとUbuntuでの配列の宣言部分の具体例。

Debian x86/4.0 (etch)

#! /bin/sh
array=(a b c d)

Ubuntu x64/8.0.4

#! /bin/bash ←明示的にbashを指定
array=(a b c d)

インストール後のホスト名の変更

2008/06/20 PC::Linux/BSD

e326にUbuntu Serverをインストールする際にいい名称が思い浮かばなかった*1ため、後で替えるつもりで適当な名前を付けていました。で、いいホスト名が決定したのでホスト名変更の為のメモ。

*1 : 名前空間の枯渇に悩んでいます。最近補充もされませんし、何よりリソースを要求されることが多くなってきたのが一番の原因です(苦笑

現在のホスト名の調べ方

$ hostname
hostname.domainname

unameでも調べることが可能です。

$ uname -a
Linux hostname.domainname 2.6.24-16-server #1 SMP Thu Apr 10 13:15:38 UTC 2008 x86_64 GNU/Linux

hostnameコマンドを利用して変更する

hostnameコマンドの引数に新しいホスト名を渡すだけで設定可能。

# hostname servername.kaede.local

直接設定ファイルを編集する

Debian/Ubuntu系

/etc/hostnameを編集すればいいようです。

# hostname.domainname コメントアウト
servername.kaede.local

ネットワークを再起動すれば新しいホスト名になります。

# /etc/init.d/networking restart
# hostname
servername.kaede.local

Red Hat/Fedora系

Red Hat/Fedora系の場合はDebian/Ubuntu系に加えて以下のファイルを編集する必要があります。
/etc/sysconfig/network

# HOSTNAME = hostname.domainname この行を削除/コメントアウトし、設定し直す
HOSTNAME = servername.kaede.local

hostsファイル

/etc/hostsファイルにも古いホスト名の設定がなされているため、再設定します

127.0.0.1       localhost
192.168.xxx.xxx    servername.kaede.local servername

# The following lines are desirable for IPv6 capable hosts
::1     ip6-localhost ip6-loopback
fe00::0 ip6-localnet
ff00::0 ip6-mcastprefix
ff02::1 ip6-allnodes
ff02::2 ip6-allrouters

umount出来ない場合の対処

2008/02/10 PC::Linux/BSD

umountをしようとしたときに、device is busyと表示され、アンマウントが出来ないことがあります。
これは、プロセスがumountの対象デバイス配下のディレクトリにアクセスしている場合が原因のようです。

umount出来ない原因となっているプロセスを調べるにはfuserを使えばいいようです。

#umount: /foo/bar
umount: /foo/bar: device is busy
#fuser -muv /foo/bar
		USER	PID	ACCESS	COMMAND
/foo/bar:	kaede	xxx	..c..	(kaede)bash
#kill xxx
#umount: /foo/bar

#umountしようとしてrootにスイッチするのだけど、rootになる前のユーザがそのディレクトリにいて失敗することがよくあって困る(^^;

参考