/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-xxx

2008/12/20 PC::Linux/BSD

Red Hat系のディストリビューションでのネットワークデバイスの設定ファイルの書式メモ。

設定項目

  1. DEVICE
  2. BOOTPROTO
  3. ONBOOT
  4. HWADDR
  5. IPADDR
  6. NETWORK
  7. NETMASK
  8. BROADCAST
  9. GATEWAY
  10. USERCTL
  11. TYPE

各設定項目の説明と、取るべき値

1. DEVICE

ネットワークデバイス名。デバイス名は/etc/modprobe.confにて設定されているエイリアスでかつ、ifcfg-eth0ファイルであれば"eth0"を指定する必要がある。

2. BOOTPROTO

IPアドレスを外部から取得する場合のプロトコル。

none, static
インターフェイス起動時にプロトコルを指定しない。もしくはこのデバイスは静的にIPアドレスを設定する場合。
dhcp
DHCPサーバからIPアドレスを取得する
bootp
BOOTP(BOOTstrap Protocol)を使用する場合

3. ONBOOT

OS起動時にこのインターフェイスを有効にするかの指定

yes
有効
no
無効

4. HWADDR

デバイス名と関連付けるMACアドレスを指定。HWADDRを指定することで、例えばifcfg-eth0にて関連付けられているNICのPCIスロットを変更した場合に、eth0がeth1になることはなく、常にeth0として認識される。

記述例

HWADDR=XX:XX:XX:XX:XX:XX

5. IPADDR

静的IPアドレスを指定する場合のIPアドレスを指定

6. NETWORK

静的IPアドレスを指定する場合のネットワークアドレスを指定

7. NETMASK

静的IPアドレスを指定する場合のネットマスクを指定

8. BROADCAST

静的IPアドレスを指定する場合のブロードキャストアドレスを指定

9. GATEWAY

静的IPアドレスを指定する場合のゲートウェイアドレスを指定

10. USERCTL

インターフェイスの有効/無効化の制御をユーザ権限で実行可能にするかの指定

yes
ユーザ権限で切替可能
no
ユーザ権限で切替不可

11. TYPE

インターフェイスの種類を指定。イーサネットなら値は"Ethernet"