kernelをアップグレードしたらVMware Serverが動かなくなった場合の対処

2009/01/11 PC::VMware

パッケージのアップグレードの際に、KernelモジュールがアップグレードされるとVMware Serverが利用できなくなります。

環境

以下の環境で確認しました。

  • Kubuntu 8.04.1
    • Kernel: 2.6.24-22-generic -> 2.6.24-23-generic
  • VMware Server 1.0.6

対処方法

新カーネルに対応したvmmonモジュールが見つからない為に、VMware Serverが動かなくなっていますので、再度vmware-config.plを走らせればVMware Serverが利用できるようになります。
正常にVMware Serverが稼働していた環境では、vmware-config.plの質問に対しては基本的に変更を加える必要はありません。

vmware-config.plでの再設定が完了すればVMware Serverのサービスが自動的に上がり、利用できるようになります。