ATOK X3 on Kubuntu 8.04/i386

2008/07/12 PC::Ubuntu

Kubuntu 8.04(日本語ローカライズ版)にATOK X3を導入したのでそのメモ。

基本的にUbuntu 8.04 LTS日本語ローカライズド版と同様の方法で導入可能ですが、gtk-query-immodules-2.0の配置される場所が異なっているため*1インストール時に指定してやる必要があります。

$ sudo find / -name "gtk-query*"
/usr/lib/libgtk2.0-0/gtk-query-immodules-2.0

*1 : Ubuntu 8.04 LTSでは/usr/bin/gtk-query-immodules-2.0

インストールメモ

ATOK X3のインストール
$ export LANG=C
$ sudo mount -r -t iso9660 /dev/cdrom /media/cdrom0
$ sudo touch /etc/gtk-2.0/gtk.immodules
$ cd /media/cdrom0/
$ sudo bash ./setupatok_deb.sh
Input path of gtk-query-immodules-2.0:ここでgtk-query-immodules-2.0の場所を聞かれる
/usr/lib/libgtk2.0-0/gtk-query-immodules-2.0
ATOK X3 アップデートの適用
$ mkdir /tmp/atok_x3/
$ cd /tmp/atok_x3/
$ wget wget http://www3.justsystem.co.jp/download/atok/up/lin/atokx3up1.tar.gz
$ tar xvz atokx3up1.tar.gz
$ sudo bash ./atokx3up1/setupatok_up1_deb.sh
ATOK X3の起動設定
$ sudo bash /opt/atok3/sample/setting_debian4.sh
CDを取り出して終了
$ sudo eject /media/cdrom
$ exit

これで任意のユーザでログインすればATOKが使える様になります。

ライセンスとか

ATOK X3 for Linux EULAより

第2条 ご使用条件
1.(3)前(1)号にかかわらず、本ソフトウェアの使用者がお客様ご自身(法人の場合は特定の従業員1人)に限られているという場合は、本ソフトウエアを同時に使用しないという条件で、お客様(当該従業員)のみが使用する他のコンピュータにインストールすることができます

と、いうことで私一人が利用するという条件の下Linux Mint 4.0 Xfce CE on ThinkPad s30とデスクトップのKubuntu両方で1つのライセンスでATOKが使えます。(゚Д゚)ウマー