W-ZERO3による動画再生

2007/08/29 W-ZERO3::Tips

・・・・・・この記事「 W-ZERO3による動画再生 」は書きかけだけど、でも勘違いしないでよねっ! べっ、別に、アナタに加筆して欲しいわけじゃ無いんだからねっ! まっ、まあ、アナタがどうしてもって言うのなら、ちょっとだけ書かせてあげてもいいけど・・・・・・

W-ZERO3[es]向けに動画なんかを作成しています。
比較的重めなリトバスのムービーをサンプルに色々試行錯誤しながらやっています。

使ったツールや方法などは徐々にまとめていきます。

W-ZERO3に適した動画形式の選択

TCPMPでは以下の動画形式に対応しています。

  • MPEG-4 (.mov, .mp4, .3gp)
  • H264 (.mp4)
  • Windows Media Video (.wmv)
  • ビデオファイル (.avi)
  • DivX圧縮ビデオファイル (.avi)
  • MPEG (.mpeg, .mpg)

このうち、ビデオファイルやMPEGデータはファイルサイズの観点からW-ZERO3での再生は困難と言えます。そうなると、MPEG-4系の圧縮動画形式が候補となりますが、このうちWMVに関しては元々が再生にパワーを要求する形式であるため、貧弱なW-ZERO3のCPUでは快適な再生は困難です。これまでの経験からDivX圧縮の動画はそれなりに快適に再生できることが分かっているため、今回はDivX及びH.264圧縮による動画を対象とします。

また、今回重点を置いているのは単に再生出来るという点ではなく、許容範囲の画質で出来る限り高い解像度での高フレームレート(30/24fps)の再生という点です。

中間報告

TCPMPベンチマークについて

一部を除いてTCPMP上で動画再生のベンチマークを行っています。TCPMPの動画再生ベンチマークでは、ドロップフレームなしで再生を行い、動画長/再生時間で結果を出力します。
TCPMPのベンチマークで100%となっていればコマ落ち無しで再生出来るように見えますが、実際には動きが多い部分には処理が重くなり、少ない部分は処理が軽くなります。ベンチマークの結果はあくまでも全体の平均ですので、実際の再生でコマ落ちが気にならない為にはだいたい110%以上のベンチマーク結果が必要となります。

H264 320x240 30fps (Video iPod向け設定) 384kbps

TCPMPベンチマーク: 66%
重すぎて使い物になりません。

DivX6.6.1 320x240 30fps 600kbps + MP3 128kbps

コマ落ち無しで再生出来ますがブロックノイズが目立つ…

DivX6.6.1 320x240 30fps 800kbps + MP3 128kbps

コマ落ち無しで再生出来ますが画質の荒さが目立つ…

DivX6.6.1 640x480 30fps 1150kbps + MP3 128kbps

TCPMPベンチマーク: 90%
一定間隔毎にコマ落ちが発生してしまう

DivX6.6.1 640x480 30fps 896kbps + MP3 128kbps

TCPMPベンチマーク: 110%
動きが激しい部分でコマ落ちが発生してしまう。520MHzにクロックアップでコマ落ちが許容範囲内になる。

DivX6.6.1 400x320 30fps 800kbps + MP3 128kbps

TCPMPベンチマーク: 110%
コマ落ち無しで再生可能だが画質の荒さが目立つ…

DivX6.6.1 640x480 24fps 800kbps + MP3 128kbps

TCPMPベンチマーク: 110%
コマ落ち無し、画質も許せる範囲。このあたりが限界か。